不妊治療への思い

不妊治療への思い

私と不妊治療の思いを書くにあたって、まず一人の患者様との出会いがありました。

当院ではもともと、外傷治療(痛みの治療)をメインでおこなっていたのですが、その方に不妊治療をお願いされたのがきっかけでした。

その当時で東洋医学を学び国家資格を得てから10年程経っていましたので、もちろんできない事はありませんでした。しかし、治療経験がありませんでしたのでお断りしていたのですが、どうしてもと言う熱意に押されて始めたのがきっかけでした。その当時の自分の持っている力をすべて使い、患者様と共に努力した結果その方は無事妊娠されました。

患者様の喜びに触れることができ、それは私にとっても大きな喜びになりました。

そして次におこなったのは、多くの臨床経験を得る為にモニターを募集する事でした。

おかげ様で、多くの方にお申し込みいただけました。

妊娠された方・残念ながらそれにいたらなかった方、様々な結果が出ました。

100パーセントの成功率でないものを、治療と言っていいのかという葛藤もありました。

それでも、何年も不妊に悩まされている方が妊娠する可能性があるのなら続けるべきだと言う結論になりました。

その後、試行錯誤しながら100パーセントとはいきませんが、これは治療だと言えるレベルに成功率は上がっていきました。

不妊治療は成功すれば一つの生命が誕生します。

とても責任がある仕事だと感じ、日々研鑽と努力を重ねています。

不妊にお悩みの方は、是非ご相談いただければと思います。

きむら鍼灸整骨院 木村 隆

追記(H30.1/24):不妊鍼灸施術を専門として行うようになり、多くの良いお知らせをいただけるようになりました。毎日をやりがいと責任感を感じ精進しております。
また、一時予約が取りにくい状況が続いたことから、昨年予約枠を大幅に拡大したことで、多くの方を受け入れさせていただけるようになりました。
そしてその結果、今まで以上に多くの妊娠・出産のご報告が届きました。
昨年の総括をすると、受け入れ人数を拡大したことで、妊娠・出産数が増えたことはもちろん、自然妊娠の方の割合が増えました。
また、妊娠後の体調変化に対するお体の調整力が以前より向上いたしました。
今後も今の状況に満足することなく、現状ではまだまだですが目標は『妊娠・出産率100パーセントです。』
精進いたします。