干渉波

即時鎮痛を目的とした高周波域の「好頻度」、組織的な修復を目的とした中周波域の「中頻度」、鎮痛持続を目的とした低周波域の「低頻度」の3つの基本モードを組み合わせて流すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA