五十肩

五十肩

つらい肩・腕の痛みを治療いたします

まず、症状をご理解頂きたいのは、五十肩というのは総称であって、四十肩でも六十肩でも同じです。その年代に痛みで腕が上がらなくなる状態を言います。ですので、五十肩と言っても人それぞれ症状が違う事をご理解いただければと思います。
また、肩は球関節と言う関節の形状をしていて、複雑な動きができます。複雑だからこそ痛めやすいとも言えますが、逆に色々なアプローチを試せる症状とも言えます。

保険が使える症状

私用中に日常生活で痛めた(1ヶ月程度以内)症状は保険が使えます。

< 負傷例>
○物を取ろうとして腕や肩を痛めた。
○ゴルフのスイングで痛めた。
○自宅でつまづいて手を突いた際に痛めた。
○物を持ち上げようとして腕や肩を痛めた。
保険が使えない症状

慢性的(あまりにも症状が出てから日数が経っていて原因がはっきりしていないもの)な症状や単なる疲れや筋疲労は自費診療になります。

< 負傷例>
○体を使った後、疲れで肩が張ってくる。
○何年も前から肩に痛みがある。
○病院と並行して治療している症状。
施術例
○電気治療+筋リリース(マッサージ)+矯正治療

○筋リリース(マッサージ)+矯正治療+鍼治療

※『保険施術』と『保険+自費施術』では施術内容が変わります。保険診療では負傷部位のみの施術になります。

目安料金
保険診療
医療費総額より負担割合の金額を頂きます。

保険+自費診療
初診 1,500円(上限) 2回目以降 700円(上限)

自費診療:通常初診     2,160円(税込)
     2回目以降    1,620円(税込)

ただし、症状が多すぎる場合や特別診療をご希望される場合は料金が変わってくる事もございます。